カテゴリー:NEWSの一覧ページです。

外壁塗装工事 2017.4

【外壁塗装工事】

先日行いました外壁塗装工事をご紹介します。ヒビ割れや、汚れもなくなりスッキリ生まれ変わりました。

塗装をするには、良い??季節?

外壁塗装は湿度や気温と影響を受けます。塗料の乾燥に影響が出るためです。気温が極端に低い冬。 気温が高くなりすぎ、表面がすぐに乾燥してしまう真夏。 もちろん春や秋も雨が多く、完璧に、適した季節はないのかもしれません。ですから、春か秋で降水量の落ち着いた時期を狙うのが、最も適した季節と言えるのかもしれません。でも、そこを狙うとかなりピンポイントとなり、なかなか先に進まなくなってしまいますね。

つまり塗装の剥がれや塗装の持ちを低下させる原因となってしまう、①気温が5度以下のとき ②湿度が85%以上のときという条件を除いた時に行うことがベストですね。

写真をアップしました!!見てください。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:NEWS

解体工事 2017.4

【解体工事】 2017.4

空き家を長年放置し、空き家には不用品も増えていくばかり。。。

台風などの季節を前に、解体することになりました。朽ちてきた使わない家を管理するのは大変です。更地になって、まわりの環境も良くなったように感じます。

写真をUPしましたので、ご覧下さい!!

【 少子化に伴い深刻化する空き家問題 】

一言、解体と言っても解体にはある程度まとまった費用が必要となります。しかも、現在は使っていないのに費用が掛かる。。。。そんな理由からなかなか積極的に進まない現状があります。

しかし、空き家は放置しておくと家屋の倒壊や、火災、犯罪等の可能性もあり近所の方にとっても身近な問題です。①景観治安の悪化②安全面の低下③火災発生の誘発④不審者や動物等侵入

新築のお宅には、住宅ローン。リフォームにはリフォームローン。。。空き家にも空き家解体ローンなるものもあります。多くの銀行が取り扱っています。考えてみては、いかがでしょうか。。。不用品の処分などの相談もお任せください。

割れ窓理論・・・窓ガラスを割れたままにしておくと、その建物は十分に管理されていないと思われ、ごみが捨てられ、やがて地域の環境が悪化し、凶悪な犯罪が多発するようになる、という犯罪理論。

 

カテゴリー:NEWS

店舗から住宅へリフォーム 2017.4

【リフォーム工事】

今回は、以前店舗として使用していたお宅の改装工事の第二弾として、内装部分を主に紹介します。

改装工事の部分として、和室部分・キッチン・トイレ・洗面脱衣所・風呂(新設)・玄関等

施工しました。全体的にガラリと変わった室内を見て下さい。

各部屋ごとの施工前後の写真をアップしましたので、ご覧ください!!見比べてね (*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:NEWS

外階段リフォーム 2017.4

【外階段リフォーム工事】

今回は、以前店舗として使用していたお宅の改装工事をご紹介します。

改装工事の一部として、外階段の塗装も行わせて頂きました。

外階段というと、一般の住宅には無い?ように思われますが、二世帯住宅で外階段を設置しているまたは、ガレージからの入り口があるお宅には、あるのではないでしょうか?

また、これから二世帯住宅としてご自宅を使う場合など、元々はなかった外階段を新設する場合もあるかもしれませんね。

既存の外階段を改修するリフォームです。

すでにある外階段を、劣化や傷みなどに伴って改修するリフォームです。主に「塗装の塗り直し」「防水施工のやり直し」が中心となります。外階段は、そのままにしておくと階段の強度にも影響を与えますから、危険防止のためにもリフォームを検討することも必要になるかもしれませんね。

施工中の写真をアップしましたので、ご覧ください!!

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:NEWS

浴室リフォーム

【浴室リフォーム】・・・ぴったりサイズのシステムバスを設置

今回、タカラのシステムバスへのリフォームをさせて頂きました。

タカラのピッタリサイズシステムの浴室を利用し、リフォーム前より狭くならない浴室ができました。

間口・奥行・高さなど様々な条件を考慮し、浴室スペースを最大限に活かすことができました。

同時に、洗面室との段差も解消し扉も引戸へと変更。。。

一日の疲れをいやす、家族にとって使いやすい空間に。。。

写真をUPしましたので、見て下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:NEWS

外壁塗装 アパート2017.1

【アパート外壁塗装工事】

年末に行いましたアパートの外壁塗装工事をご紹介します。

今回は、アパートの外壁塗装工事と同時に、下水の接続工事も行いました。

アパートの外壁塗装は、アパートの経営においても大変に重要なことですね。

大家さんにとっては、入居率にもかかわることになります。コストをおさえた上手なメンテナンスが必要ですね。また、外壁塗装を行う際には、外観全体の修繕も同時に行っていったほうがいいでしょう。外壁部分だけでなく、屋根や屋上、ベランダの防水や階段や手すりなどの鉄部、ドアなどの木部についても同時に補修工事を行うことで、別々に工事を行うよりも、結果的に工事金額を節約することにもつながっていきます。

今回も、軒天・破風・樋・玄関扉・鉄骨階段等もあわせて行いました。

写真をアップしました!!

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:NEWS

外構工事 2017.1

【外構工事】 2017.1

明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願い致します

年末に続けて行った竹垣をご紹介します。

今回は、近くで竹垣を設置していた時に、声をかけて相談頂いたお客様の工事です。

隣接する住宅の玄関口とお施主様のお宅の洗濯の物干し場が、同じような位置に。。。視線が少し気になるとの事でした。

目隠しの袖垣を設置させて頂きました。ストレスなく洗濯物も干せるようになったとの事です。

竹垣の目隠しフェンスは、庭の緑が自然に溶け込み、背景として非常に 柔らかな空間を作り出します。
今回の建仁垣は、天然竹の表情を忠実に再現した人工強化竹垣で 雨や日差しに強く、腐りにくく色あせにくい 美しい質感のフェンスです。

建仁寺垣とは・・・竹垣の一。四つ割り竹を皮を外にしてすき間なく並べ,竹の押縁で押さえ棕梠(しゆろ)縄で結んだもの。建仁寺はじまりとされるそう。

写真をUPしましたので、ご覧下さい!!

カテゴリー:NEWS

外構工事 2016.12

【外構工事】 2016.12

老朽化した天然竹垣の撤去及び新しい竹垣の設置を行いました。

今回は、人工竹という、風雨にさらされても、いつまでも美しさを保ち続けるAES樹脂で、屋外用樹脂として開発された極めて耐変色に強い素材のものです。衝撃にも強く、割れにくい材質を採用した竹垣です。

天然竹の管理・・・やはりメリットは、造り物とは違いますから見た目が良い事ですね。それと材料費の安さでしょう。ただデメリットとしては耐久性が無いため、数年後には腐敗してしまうので取り替える必要があります。最初は緑色や薄黄色だった色も、年毎に次第に変色して茶色や黒っぽくなってしまいます。それもまた朽ちてくる良い風合いかもしれませんが。。。

しかし、縦割れを起こし内部に雨水が浸入して、内部からも腐食して最後には根元から倒れてしまいますし、

竹は虫が付き易いと言われています。防腐処理をされている物を使用しても、何年も同じ状態を維持させるのは困難かもしれませんね。。。

人工竹垣をながい間、きれいなまま楽しんでください。

写真をUPしましたので、ご覧下さい!!

カテゴリー:NEWS

屋根工事 2016.12

【屋根・外壁塗装工事】 2016.12

屋根及び外壁の塗装工事を行いました。寄棟のカラーベストの屋根とサイディングの外壁の塗装を行い、それに伴い付帯塗装も行いました。

付帯塗装とは、外壁塗装と屋根塗装以外の付帯部の塗装のことです。

軒天・雨樋・破風・鼻隠し・笠木・雨戸・戸袋、水切り、シャッター、配管などが付帯になります。

外壁だけ塗装してきれいになっても、この付帯部分が劣化していれば、なかなかきれいに見えない事と付帯部は、素材が木製や鉄製、塩化ビニール製など様々ですが、塗装することで家の寿命を延ばすことにつながります。

つまり軒天の塗装の防水性が切れて雨漏りしたり、破風・破風板の劣化で塗料が剥がれて腐食することになり結局内部にも影響することになります。

外壁と屋根を塗装すれば安心!ではなくて、付帯部の塗装もすることが重要なんですね。 写真をUPしましたので、ご覧下さい!!

新しい年を迎える準備。。。できましたね。。

カテゴリー:NEWS

屋根工事 2016.11

【屋根塗装工事】 2016.11

屋根の塗装工事を行いました。破損していた雨樋も交換しました。

雨戸もきれいになりました。

写真をUPしましたので、ご覧下さい!!

カテゴリー:NEWS

営業日カレンダー


会社情報

株式会社リビング
〒410-0308
静岡県沼津市柳沢207-2
【TEL】055-967-9696
【FAX】055-968-3229
【フリーダイヤル】
0120-4142-55
↓